aigiss’s blog

鎌ケ谷市周辺の不動産紹介を中心とした日常を綴ります。

5年ぶり!運転免許の更新(備忘)

前お休みを頂いて、朝一番で地元の警察署へ5年に1回の運転免許更新に行ってきました。

普段あまり運転する機会がないし、ここのところハンドルから疎遠である。

まず、受付?(窓口ではなく順路のようなものです)
最初のおじさんのところへ行く。

すると、「ICチップになっているから暗証番号をそこの機械で作ってね」
と各自に言うのである。
ぼくは、この日の為にばっちり暗証番号を覚えて来ていたので、
「暗証番号は覚えているのですが」
と言うと
「暗証番号の用紙は持って来ているか?」
と聞かれてしまったので、「ない」
と言うと、「そこの機械で作り直してください。」
と言われてしまって仕方なく作成する。

しかしこれが手間がかからないのですぐに発行される。
どうやら暗証番号カードにある、バーコードが必要なようだ。
暗証番号なんて意味がないのである。


そして、鬼門の視力検査に。
視力検査がなぜ鬼門かと言うと、若いときに仕事の関係で「大型」を取得してしまっているからである。
教習所費用の半額を後で支給してもらった。その頃は10万円位で取得できたので、支給された約5万円でS-VHSのビデオデッキを購入した。

「大型」は左右それぞれ0.5以上見えなければいけないし(数年前までは0.7位だったような気もするが)
何といっても普段全く縁もゆかりもない「深視力検査」があるので不安である。
そして昨年、網膜剥離になったように右目はかなり弱っているので、コンタクトを新調しての挑戦である。

視力検査機に顔を当てる。
「上」「右」…と答えていく。

「はい、い~ですよ」と言われたが、「あれっ」(深視力をやっていない)と思ってそのままでいると
「あっ!大型を持っているんですね。それでは続けますね」
(しまった。前回も、その前も同じ流れだった。)
どうやら、大型で地元警察で更新する人(ゴールド)は、ほぼいないと見えて、毎回同じ会話がされているのである。

コンタクトを新調したおかげで、無事に合格。5年後はどうなることやら。

講習のビデオを見終わるころ、「この後お知らせがあるので、残ってください」と新しい免許を一人一人に配布しながら言っている。
僕は関係ないだろう、と思っていたがやはり残ってくださいというのである。結果全員に言っていた。

そして、「皆さんの免許には本籍地が入っておりません。本籍地を確認するためには先ほど作っていただいた暗証番号で確認することができます。ぜひお帰りの際には確認をしてしてください。」
ということであった。

f:id:aigiss:20170710133951j:plain

そういえば免許に「平成34年・・・」とあるが平成って30年までになったのではなかったっけ。
まだ本決まりではないのか。


非常に個人的な備忘の意味合いが強い内容になりましたが、①暗証番号はカードがないと意味がない②視力検査でOKが出たらさっさと次へ行く
を5年後の更新の際に確認できればいいなあ。