aigiss’s blog

鎌ケ谷市周辺の不動産紹介を中心とした日常を綴ります。

光回線乗り換え!?(前編)(前回スマホデビュー(後編)の続き)

昨夜自宅近くのスーパーから物が無くなっていたので、さっき少し都心のスーパーで調達してきました。
やはり住宅地と違って少しは在庫がありました。


本編はここから↓

 そうこうしているうちに、ドコモ携帯が「圏外」扱いになってしまった。
解約処理が終わったのだ。

放置していた、ソフトバンクから届いた60サイズの箱の中には、小さな本体が入っている箱と納品書そして初期設定方法が書かれている紙だけが緩衝材に挟まれて入っているだけだった。(写真は「スマホデビュー(後編)20200325参照」)

充電は半分ほど入っている。

充電方式が分からないので、Yモバの店頭へ駆け込んだ。

ドコモショップとはうって変わって、カウンター内に3名ほどの店員さんがおり、接客中の1名を除いて非常に暇そうに座っていた。

「これが届いたのだけど、全然使い方が分からない。充電器入っていなかった。」と男性の店員に訴えると、スマホを見て、「これはTYPE-Cですね。USBのTYPE-C」と言うので、
「TYPE-C…TYPE-Cですね。」と復唱した。
すると、「充電器は別売りで、ここにも置いていますが」と言うので、それを固辞して、「使い方教えてくれないの」と言うと、こんなに暇そうなのに予約が必要との事だった。

戻ってからBIC(カメラ)の商品(通販ページ)で検索するとTYPE-Cのケーブルは安くて500円位からだった。
そこで、ダメもとで近くの100均ショップ「Dソー」へ行ってみた。
なぜダメ元なのかと言うと都心の店舗だから非常に狭く、販売しているアイテム数が少ないからである。

しかし、それは杞憂に終わった。
電気製品の棚を見たところ見つからなかったので、あきらめて帰ろうとしたところ、通路側に電池類なんかが並んでいるのと同じように、一角がケーブル類のコーナーになっており、その中から、これ(TYPE-Cのケーブル、写真参照)を発見したのである。(2つ買ったのは予備の意味と、自宅と職場用の意味もある。それに、100均で1品だけ買うのは恥ずかしい…)


帰ってから、充電しながらYモバのサイトから予約を入れる。
思った通り、毎日、すべての時間で「青◎」表示である。
使い方を教えてもらうので、目的は「その他」とし、その旨記入する。

f:id:aigiss:20200327192538j:plain

翌日、予約の時間近くになったので、行ってみると
「あっ、その他で予約されたお客さんですね」と昨日の男性店員が言いながら近づいてきたので
「なにも設定していないけど、暗証番号も分からなくなった。既に開通しているようだけどもう使えるのか?」と尋ねた。

「まだ時間前なので、ちょっとそちら(窓側の待合用のスツール)に座って、これに(病院の問診票のようなもの。住所・氏名などの基本情報の他に来店目的とか、家族構成、それぞれ、どこのキャリアを使っているか、とかネット環境などを記入)記入して下さい」と渡しながら「大抵、暗証番号なんて限られているから、試してみて下さい。何回か試せますから。」

そして、確認のために、どこかにダイアルしてくれ、入力してみて下さいというのである。

3回間違えてオペレータに繋がる。
本人確認をして初期設定?を無事に済ます。


すると、さっき記入した問診票から、「今使っている光からソフトバンクに乗り換えれば月々の携帯料金が、さらに500円安くなりますよ。どうせならお得な方がいいでしょう。」
と言うので、「以前、すでに“転用”してしまったので簡単にはできないと思う」と、答えた。

「いや、以前は転用の手続をしたら、変更できなかったけど、昨年から制度が変わったので、簡単に乗り換えできるようになったんです。」

「だけど、うちはTVも光だし、電話も2回線引いているんだけど。」

「それもそのままですよ。支払先が変わるだけの話です。これを(SB光のルーターのようなものを見せながら)今使っている端末にLANケーブルっでつなぐだけで認識します。昔みたいにPCからアクセスして設定する必要もありません。TVと電話も何もいじる必要はないのです。」という。

そこで、「今使っているNTTのWi-Fiと、この(SBの)Wi-Fiが同時に使えるのか?」と聞くと、それは可能だという。

 ということは、いま現在電波が届きにくい部屋で、イーサネットでPCを使っているけど、スマホでは有線LAN環境は接続できないから、これは渡りに船かも?…
と思い付き、契約することにした。

すると、態度が一変し、スマホの初期設定を女性の店員さんにしてもらうのと同時進行で、光回線の乗り換え手続きを行っていった。

今加入しているプロバイダに、店の電話機で電話し、何やら話をした後、本人確認のため子機を渡された。
個人で、プロバイダに電話すると、かなり待たされるが、業者用の番号があるのだろうか、と思われる早業である。

そして、電話口のオペレーターに注意事項、重要確認事項(光に加入したのはこのブログを始めたあたりなので、2月頃と思っていたけど、「転用」した日付が新しい契約日になっていたので解約手数料のこととか、今までの特典は無くなるとか、DOCOMOで言われたようなこと)を言われ、3日以内に番号が届くので、新しい(SB)へ連絡するように言われた。
違約金の領収証のようなものは出ないから、後日会員用のWEBに表示される明細を出力するようにとの事であった。

なぜ、乗り換えるのか?と言うので「スマホをYモバに変えた所、相性がいいようなので」と言うと、カウンターの中にいた男性店員がOKサインを出した。

そして、他に何か契約条項が残っていないか確かめるために、NTTへ電話を繋ぎ、オペレータに確認した後、SB光の手続きを進めた。
(長くなるので一旦切ります。)