aigiss’s blog

鎌ケ谷市周辺の不動産紹介を中心とした日常を綴ります。

終の自転車を購入

プロローグ

 いに(洒落ではありません)自転車を買ってしまったのです。

このブログを読んでくれている人たちは、日常ボクが色々手を加えたりしながら乗り続けていることを読み取っていると思いますが、最後に(自転車を)入手してから10年経った頃から、「フレームもヘタってきているし、そろそろ新しくしないとなぁ~」と事あるごとに物色をしていたのです。

日々、このように物色を繰り返していると、いつも開いているYahooのポータルに「広告」としてヤフーショッピングやヤフオクに出品されているロードバイクのフレームや完成車なんかが表示されるようになった。

 

第1章 新車購入にあたっての条件とは?

 購入に際して拘ったのは、9速であるということ。
これは、12-21Tの9速スプロケットが手元に3個あるものだから、有効利用したいということであるが、新型車であれば11Sでもやむをえないかなとも思ってはいたのです。だけど10速は中途半端すぎるから絶対候補には入らないのである。
2番目に「キャリパーブレーキ」であることである。
 まあ、これは近い将来全車ディスクブレーキになっていく流れだから強くこだわっているわけではないけど、専用の工具類が新たに必要になるし今までストックしたパーツ(ブレーキシュー)も流用できないからである。

3番目にSTIのケーブルがハンドルに沿っているということで、STIから直接シフトケーブルが出ているとハンドルの間にバックが取り付けられないんじゃないか、と思ったからだ。これは現在販売しているモデルなら対応しているので5年ほど前の中古を物色するときに気に留めていた条件である。


気になったものをクリックなんかをしていると、さらに、お勧めが出てくる。

候補としては、(1)程度の良い中古(2)GIANTとかMERIDAあたりの型落ち(3)コスパの良い新車、が考えられる。
(1)程度の良い中古
ヤフオクとかヤフーショッピングで、程度の良い中古車を物色するが、いや~、自転車の中古って高いですね。
5,6年前のモデル(自転車としては、ほぼ寿命が終わっている?)でも販売時の半額までなっておらず、販売当時にアウトレットなんかで新車買った方が安くね?と思われる(つまり販売価格の2割引き程度)のである。
まぁ、買い取った自転車をオーバーホールしたりする手間や交換した消耗品の価格を考え利益を出そうとすれば無理もないんだけど・・・。
で、程度の良い車体はヤフオクでも安く落札できそうにないし、少し安いのは重大な事故を起こしているかもしれない。ぶつかってもフレームに傷が残らないことも考えられる。
そんなことに思いを馳せているうちに中古を買うという気が萎えてしまった。

(2)GIANTとかMERIDAあたりの型落ち
なぜ、上記2社なのかというと、世界中の自転車ブランドの多くにOEMとして供給している2大メーカーであるから、他のおしゃれなブランドより安くて良いものが手に入ると思われたのです。
そして、GIANTに型落ちなんかでい~から、安く供給してくれないかな、なんて考えていたんだけど、今回結局東洋フレームの型落ちに落ち着いたのです。

(3)コスパの良い新車
5万程度の安い物も世の中にあるが大抵がターニーの7速コンポだし、車体(フレーム)も中国メーカーのもので、信頼性に欠けるのである。
そんな中、検討をしたのが国産のART Cycle というブランドで、7~8万出せば一応シマノの3000番台コンポが組まれているという非常にコスパの高いものだ。
ところが、口コミを参考にして読み進めるにしたがって、ジオメトリーにも不安があるようだったので、試してみたい気持ちは非常に強いんだけど、自腹だと痛いかな?と除外してしまっが、いまだに気になって仕方がない。

第2章 toyoフレームのエントリーバイクを発見!

そんな中、toyoフレーム(クロモリ)の完成車の程度のよさそうな中古が8万台(税込みでも9万に収まっている)物件がYahooの広告に表示されたのです。(その後、速攻で売れてしまったようですが)
都内のロードバイク販売買取専門店で、取りに行けば送料もかからない。

もともと新車の完成車で27万円くらいがボクの中では目安となっているし、東洋フレームと言ったら安いフレームでも10万以上するという記憶がある。

これは、掘り出し物では?と早速、注文をしようとしたが、一応どの程度の物か、商品名である「TOYO FRAME the PARK」で検索してみる。
すると、東洋フレームの公式HPも表示されたので、見てみると、このロードの完成車で定価が143000(税込み)ということであった。
えっ!toyoの完成車でこんな廉価なシリーズあったっけ??

昔からサンエスのカタログを愛読しているが見落としていたようだ。

いつものように一応ヤフオクで検索をしてみる。
すると、サイズの小さいSタイプが新車で出ていたので、こまめにチェックしていくと、うまいことに、今回購入したMサイズの物件が69000スタートで出ていたのです。

「ストア」出品とあったので、ストアの主である「ミヤザキサイクル」さんのHP(ブログ)を参考に見てみることに。
すると、同じ価格(こちらは即決状態)で売りに出ていたのです。
ちなみに、ミヤザキサイクルさんは元競輪選手だったそうです。

ヤフオクで競っているより「直接買った方が安く済むかな、いや振込手数料なんかがかかるかな」などと逡巡していた。
早く決断しないと売れてしまうと思いつつ1週間たったが落札されずにいた。
すると、ヤフオククーポンメールで「ゴールドクーポン50000以上(税込み)で45000引き」のクーポンが表示されたので獲得し、これ幸いと即決70000で落札したのです。
これに+送料6500で72000円。

居住地以外の防犯登録は受け付けていない業者が多いようだったけど、後で面倒になるならと、ダメもとでメッセージで防犯登録をお願いしたところ、快く引き受けてくれ600円を銀行に振り込む。


第2章 早速乗ってみるも・・・

届いたので、箱から出す。

ブランドロゴとか中抜きペイントしていないので非常にシンプルだ。
こういうところでコストを下げているのだろう。

パイプはオーバーサイズではない細身のクロモリである。

前輪とシートポストが外されている状態で届いたので、取り立てて組み立てる必要もなかった。

とりあえず、自作のホイール(「新規ホイール手組作業!?」20200508参照)を使いまわしすることにした。

オリジナルホイールはシマノのR500が同梱されていたんだけど、スプロケットが11T-28Tというワイドレシオで、付け替えるのも面倒だったし、そもそも「鉄下駄」の異名をとっているホイールをあえて使う理由もない。
このホイールは近々売却する予定である。

サドル、シートポスト、サドルバックも使いまわしだ。

ペダルはついていないものと思っていたので、これも使いまわしたんだけど、ダンボールを捨てようとしたら底の方に安っぽい樹脂製ペダルがプチプチにくるまれて入っていた。「WellgoのR198」であった。これもヤフオクで売却だな。


そして、別注した防犯登録のシールがどこに貼られているかな、と楽しみに探すが(実際これが楽しみであった)、どこにも貼られていない。
書類の入った封筒に「寝屋」の防犯登録シールが入っていた。
自分で貼る仕様で残念。だけど、東京にいながら他府県のシールが貼ってあるのはなんか楽しい。
早くお巡りさん、声かけてくれないかな。


早速乗ってみると・・・なんか小さい。

一応この「thePARK P70R」はS,M,Lと3サイズだけの展開でそれぞれ440,500,540となっていて自分の身長からギリギリMでいいのでは?と選択したのだ。

普段追っているクロモリは520だから、ちょうどその位(20㎜ほど)小さいかな。
まぁ、普段使いにはちょうどいいかもしれない。

届くまではステムを長いのに変えようかと思っていたけど、よくよく考えたら懐かしいスレッドタイプで、ステム全体を変えなければならなくなるので断念した。

エピローグ
今回、何かの縁で大阪という遠方のミヤザキサイクルさんにお世話になったのだが、大変親切にしてもらったので、次回、購入する際にも、ぜひ利用したいと思ったのである。