aigiss’s blog

鎌ケ谷市周辺の不動産紹介を中心とした日常を綴ります。

ウン万キロ走行での自転車チェーン交換

っと過ごしやすくなり"程よく汗ばむ季節"になった。
今年の夏は暑かった!
巷では「温暖化の影響か?」と話題だったが、「温暖」って「程よく暖かく過ごしやすい温度」というイメージが僕の中にはある。
もはや「熱帯化」いや「灼熱化」という言葉が相応しいのでは、と思う。

本題ですが、フロント変速時に違和感を感じ始め、「考えてみたら何年もチェーンを交換していないなぁ」と先日、ネットでチェーンを購入した。

色々物色して比較したのだけど、意味がないことがわかり、同じシマノのHG-53にした。(写真上)

コンピュータを付けていないので、走行距離はわからないけど、年数から勘案し、軽く「万キロ」は超えている。
お叱りを受けると思うが、推奨のタイミングが5千キロ程度なので2倍からウン倍使用していたことになる。

 

f:id:aigiss:20180916150838j:plain

 

 

古いチェーンを外す。
コネクトピンは「寸止め」

捨てるものだから意味は無いけど、初めてチェーン交換や調節を始めた時から「寸止め」が習慣になってしまっている。

外してみると、フロントインナーのクランクに隠れている部分が油埃でびっしりである。
ついでにリアディレーラーのプーリーの汚れを落とす。
すると、下側のプーリーが回転しないのである。
かなりの力が必要なので、よく見たところ、裏側に、それこそ全面板状の油の塊がびっしり詰まっているので、持参したプライヤーの柄でこすぎ落とす。
(このあたり、写真を撮っても汚いばかりですので割愛しました。)

新品と比較してみる。(写真下)
4つ目あたりのリンクから目視でも伸びているのがわかり、10リンク目あたりでは、この小さな写真でも、はっきり伸びが確認される。
ひどい状態だ。


長さを調節し、余分な部分を「寸止め」で外す。
この「寸止め」方式は繋ぐときに、引っ掛かりになるので作業がしやすい利点もあるのです。

スプロケットが無事だったのが何よりだったのですが、今後はもう少し早いタイミングで交換します(^^;

USBメモリーが認識しなくなった!!(IOデー○製)

USBメモリーはこれまで(特に最近のものは)いくつも、数年(1~2年)でダメにしてきた。
最安値で買ったノーブランドのものや、超小型のスイングタイプだったりと、「壊れて当たり前か」と納得いくものであった。
USBメモリーは日頃よく使う大事なデータを保存するので、今回は、安定性を求め「IOデー○」の大きさも結構大き目の昔ながらのスティックタイプを購入した。
価格も対容量比では割高な方であったが「安心料」と考えた。

何かあったら困るので、それまでは都度PCへ、バックアップを取ったりしていたのであるが、安定感からの安心感で、バックアップもおろそかになっていた。

今日、出先で利用した折、アクセスランプがやたら急点滅をしているので、胸騒ぎを起こし、帰宅してからPCへつなぐと、今度はアクセスランプが、「蛍の発光」のように、ゆっくり点灯するのである。

始めて見る現象である。

ためしにUSBポートを変えてみるが×

最近バックアップをおろそかにしているので、ちとアセル(^^;

データが認識されないので、いくつかリカバリーツールに掛けてみたのだが、そもそも、windowsの「ディスクの管理」にも、ドライブレターが認識されていないので無理な話なのである。
USBメモリ内部の接触不良が原因だと考え、"かなり"気休めであるが、分解してみることにした。

メモリ(チップ)の足のはんだが浮いていたりしたら厄介である。
可能性が大きいのは、くり返しの抜き挿しが原因の、USB端子と基盤の接触だと考えた。

f:id:aigiss:20180823184552j:plain

 

 

分解。
ケースは接着剤など一切使っておらず、はめ込み式の安っぽいものである。
開いていくと容易く分解できるのである。

基盤の表裏に「サンディスク」の8Gメモリが載っていて、片側はコントローラーチップが載っている。(写真参照)

USE端子接続部分を見ると"汚れが"・・・
あくまでも気休めなので、綺麗に拭いてみる。

そのまま、PCのUSBへ挿してみたところ、通常の発光状態で、いつもと同じように認識されたのである。
(拭いたことによる回復とは考えていない。拭くという行為によって接触部分がどうにかなったのでしょう)
「これは最初で最後のチャンス!」とばかりに、早速バックアップを取って一件落着した。


交換保証もついていたので、購入日を確認するとちょうど1年が経過してしまっていたのである。
今回も寿命は1年だったということで、メーカーは上手く作るものだと感心している

昼飯の問題③

盆休みである。都内はいつもの喧騒から開放されてほっとしている。
しかも少し涼しくなり、2重にほっとしている。(風が凄いのが玉に瑕)
100均に用があったので、新橋から近い「虎ノ門コモンゲート」地下にある{Dソー」へ行ったのです。
都心の100均は所狭しと置いてあり、なんでも最初から店員さんに聞かなければ見つからない。
というより、サラリーマン・OLで結構込むので探す余裕もないからだ。

今回は一般的なファイルの類だったので、購入し足早に去ろうとしたその時である。
エスカレーターで1Fに上がると、とんかつ屋があり「ロースカツ定食700円」とある。
大手チェーンの「Mのや」や「K2や}と違い、聞いたことの無い「Mるや」という店だ。
お盆期間ということもあるのか空いていたので、入ってみる。

「いらっしゃいませ~。お好きなお席へどうぞ~」と掛け声がかかる。
店内は広く、僕が座った片側5席、両面カウンターが3セット(30席分)、4人掛けのボックス席が6~7席しつらえてある。
ボックス席は長ソファなので、グループによっては6人掛けも可能なくらい広い。

ロースカツ定食を注文する。
「ご飯を大盛りで」と言うと、「お替りできますけど最初から大盛りにしますか?」と四角い顔のお兄さんが言うので、そうしてもらった。

待っている間にメニューを見てみると、ライスの他に味噌汁もお替り自由である。
テーブル上にはとんかつソースの他、海鮮ソース、塩、からしなどが用意されている。

 

f:id:aigiss:20180817192906j:plain

 

10分ほどで、運ばれてきたので、箸を運ぶ前に記念撮影。(写真上)
海鮮ソースはウスター風であった。
からし」は、練りがらしが容器に入った状態なので気が抜けているかと思いきや、結構、かなり辛い。
写真右下で切れてしまっているが、大根の漬物が付く。
味噌汁の具はシジミで、季節ものだ。ねぎが載っていないのが淋しい。

かつは、脂身が程よく残っているタイプである。
キャベツの量も申し分は無い。
味噌汁のお椀が小ぶりだったので、お替りを頼む。

店内はBGMが無く、かなり静かである。
支払いを済ませ、店構えを記念撮影する。(写真下)
閑散としているからこういうときには助かる。
店が広いし、街中と違い来店の客層(数)も限られていると思い、費用対効果が気になってしまった。

100均で腕時計用の「バネ棒」入手

月、帰り道に自転車でこけてしまった。
長い下りを降りていくと、右からバスが迫ってきて、ふと前を見ると台車から外れたと思われるキャスターが・・・
避ける間もなくジ・エンド。
後ろから自転車で来た青年が「大丈夫ですか?救急車呼びましょうか?」と親切に声をかけてくれ、落ちていたキャスターを脇に寄せてくれる。

その時、左側に並んでいたポールに手首がぶつかり、そのはずみで遥か後方に飛んで行った腕時計もこのような無残な状態になったのです。

(しかし、かなりの衝撃だったにもかかわらず、きちっと動いているし、さすがにサファイアだけあってヒビすら入っていない。Gショック顔負けである。)

本体と、金属ベルトを止めているところのピン(バネ棒と言う)が曲がってしまった。(写真右下)

 

f:id:aigiss:20180722125127j:plain

 

 

 


近所の時計屋さんか、ビックか、ハンズか…と購入先を思案していて、もしかしたらダイsoにあるのでは?ということで、いつものようにグーグル先生に問い合わせる。

その中にベルトだけ売っていて、バネ棒も付属しているという情報があった。

月初めに、船橋へ行く用が有ったので、ギガ店へ寄ってみた。
この時、2Fの電気、携帯アクセサリーのところと6F(以前、腕時計の工具を買ったとこ「腕時計のベルト調節してみました」20171022参照)を見たのだが発見できず、「あれ~」と思ったのである。

別日に渋谷のダイsoに行ってみたところ(そういえば前回もダイsoネタでした)思いっきり腕時計が並んで売られている。

船橋では腕時計自体目にしていない。

昨日、久しぶりに船橋へ行ったので、とにかく店員に聞こうと思いエスカレーターで上がる。
エスカレータのところに、各フロアの案内があり何気なく見たところ、4Fに「めがね」とある。トラベル用品もあり、身に着けるものだからここか!と行ってみると見事ビンゴ。

写真にある「腕時計ベルト合成皮革」を無事購入できたのであります。

パッケージの右下に「バネ棒2本付」と印刷されていてそこに1本。

すると、片方のベルトにはバネ棒が入っていないのか?と思いきや両方に付いている。

つまり合計3本も手に入ったのです。
しかも、交換用工具まで付いている(^^;
バネ棒…相場はわかりませんが、「1本100円!」と言われても素直に支払う金額なのです。

100均…ダイso、恐るべし。

キーレスリモコンの電池交換

はり、1カ月放置になってしまった。
そのうえ、ツイッター程度の内容となってしまうのです。

キーレスのリモコン電池の交換を頼まれたので、開けてみると
cr-1216 とあった。

この程度の電池なら、昨今は100均でも手に入ると思い、一昨日、仕事の移動の合間に都心の「ダイso」に寄って見たのです。
すると、2軒梯子したのですが、いづれも小規模店舗の為、一般的な2025,2032とか、LR44あたりしか売っていない。

しかも、マクセルブランドで、1個入りだ。

そして今日、地元のキャンdoへ行ってみると、レジのところに100均らしく2個パックのボタン電池が並んでいるではないか!

お目当ての「cr-1216」は見つからなかったけど「cr-1220」と言うのがあったので「直径が同じなら・・・」と一か八かで買ってきたのです。

f:id:aigiss:20180714212411j:plain

 

 

面白いくらい、ぴったりでした。
蓋も普通に締まって、「1220でいいんじゃん」と思ってしまいました。

(メーカー(機種)によってうまくいかないこともあると思います。お試しの際は自己責任でお願い致します。)

自転車の「ペダル」

日は雨も降らず、フリー状態だったので、メインで使用するバイクを取りかえる事にしました。
そして、ペダルと、サドル(ピラーごと)は使い慣れている、いつもの物に取り換えたわけです。
ペダルを外したタイミングで、ずいぶん前に「自転車用の『くつ』」というタイトルで自転車専用の靴がある事を紹介(171126参照。)した時に、長くなってしまったので紹介しきれなかった『ペダル』本体(ビンディング)について紹介します、としておいたことに気づいたのです。

このビンディングって楽なんです。
1、ずれない(カチッと、はまるので当たり前ですが…)
2、足をひねるだけで簡単にリリースすることができる

今は外すときの動作は上記「2」の1点だけです。
これを頭によく入れて次に進んでください。

そもそも昔(今も競輪では使用されているタイプですが)は停車する前に
①ストラップを緩める
②シューズを少し上にずらしペダルから外す
③クリップから足を出す。

という大仕事をしていて、一つでも失敗するとコケる。いわゆる「立ちゴケ」と言う事になったのです。
この3つの操作を流れるごとく信号で停車する度に行うのでした。
まあ時には、ガードレールや電柱につかまって済ませることもありました(今もか)。

特に②
昔はプレートに切り込みの溝が1本入っていて、普通のペダルのふちに挟み込むだけであった。
そのためストラップでしめないと、外れてしまうのであるが、反対に外すときに、しっかり食い込んでしまいストラップを緩めてもペダルから外れにくくなったりするので、操作に余裕が必要であった。

f:id:aigiss:20180617214318j:plain

 


写真を載せたので、上から(購入)順に少し紹介します。(それにしても汚いですね~)

PD-M520
定番中の定番なのでは?
これが出たときに、上位モデルと比較したが、重量も30g程度の増加であったし、何といっても安いので、しばらく使用。
両面なので、踏み込みと同時に必ずはまるという良さがある。
コスパ最強の一台で、未だに現役で売っている。


PD-M324
ビンディングにハマった僕は、家内に買ったクロスバイクをたまに乗ることもあるので、こっそり取り付けてしまった。
片側は普通のペダル。
普通の靴で、ビンディング側に当たると異物感があるけど、家内は気が付かず乗っている。
結構お高い。そして見た目通り重い。


Dixna 48ペダル
48と言っても、あの48とは関係がなく、長さが48だったかな?
リッチーの同タイプを狙っていたのだが、同じサンエスのカタログを見ていて発見し、速攻でリアル店舗で取り寄せ。
m520より100g以上軽く、片面のみでシューズに隠れてしまう。
現在は売っていないようです。
代わりに上位機種が出ていて、リッチーのと価格差が無くなってしまいました。

道路の穴埋め工事(渋谷宮益坂にて)

朝、いつものようにスクランブル交差点から明治通りを横切って宮益坂を上がり始めたところ、なんだか流れが悪い。
よく見ると前方で何かの工事をしている。

ちょうど、出勤のピーク時間なので、「よりによってなんでこんな時間に工事?」と、怒りながら傍らを通り過ぎると、陥没した穴にアスファルトを埋める工事をしているのであった。

ここは、以前、反対車線で帰宅時に思いっきり「リム打ち」を"やらかした"因縁の場所(「リム打ちパンク」20160204参照)で、その穴はそれから数日後にひそかに埋まっていたのですが、モグラたたきのように陥没穴が出現するのです。

「これでやっと安心できる」と工事の人に心の中で感謝し、写真を撮ることにしたのです。

(写真上:穴埋め工事中。写真下:工事を待つ穴・写真を撮り終えたタイミングで工事のお兄様がやって来た!)

 

 

f:id:aigiss:20180511232546j:plain

 

 


とにかく、穴がひどい!(何だ?いきなり…)
渋谷から山手線内側は綺麗になった。

まず、表参道から青山。
このあたりは、スベスベ、ツルツル気持ちいい!

ガタガタだった渋谷警察署の前も綺麗になった。

六本木も綺麗になった。

ところが、同じ246なのに池尻から川崎、横浜にかけては(上下共に)、穴だらけである。
長方形の穴もあちこちに空いている。
まるで生け花で使う水盤が埋まっているかの如く、である。

そして特に、道路の側溝(コンクリのフタ)との間に「ボコッ!」と穴が開いているパターンが多いです。
皆様お気を付け下さい。
(何の話だ???)

【終了間近!!】*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
2018新生活応援キャンペーン

新年恒例の新生活応援キャンペーン
今回も好評実施中!
何と『~今週末まで~』です^^;

手数料の10%キャッシュバックします。

ぜひアクセスして確認してください。

詳しくは→ http://aigiss.com/estate/page1.html

*=*=*=*=*=【HPに案内あります!】=*=*=*=*=*=*=*