aigiss’s blog

鎌ケ谷市周辺の不動産紹介を中心とした日常を綴ります。

日帰りで外科手術!?(上)ちょっと血とか苦手な人はスルーで

術をすることになるので、採血だ。
隣の部屋で、看護師さんに採血してもらう。左の腕を出し、肘の付け根に針を刺しアンプルを取り付けたが血が出ない。
「いよいよ血もなくなったか」と思いながら見つめていると、看護師さんが必死に針を「グリグリ」と血管を探して腕の中で針を刺し直しグリグリ動かす。

しかし、うまくいかない。

「ごめんなさい。刺し直しますね」と一旦、針を抜いて新しい針と交換する。
「右腕に替えますか?」と尋ねる。すると
「左でも、(肘より下(よく点滴を刺すあたり)を指して)この辺りで取れますよ」というので、
「いや、右でいいです。」と言い、さっきの穴は絆創膏の上からベルトで圧着してもらった。

右で、アンプルを交換しながら5本採血が完了する。

 

「すみませんね。腕のいい看護師なのですが、誰でも失敗はありますから」
元の診察室へ戻ると、開口一番に医師が言うので、
「いやいや大丈夫です。だけど、長いこと採血は受けてるけど、こういうのは初めてで、いつもはスムーズにいってるもので、びっくりしました。」と返答する。

 

早速、手術日を決め説明を受ける。

「(プリントの図を見せながら)鼠径ヘルニアには先天性と後天性がありますが、あなたの説明を聞いて診察したところ、どうやらあなたのは先天性のようです。手術は、このように伸びた腹膜を切ってから腸を中に戻しフィルムを入れて縫うだけです。腸を切ったりはしません。」

図を見ながら話を聞いていて感じたのは、パンク修理(特にチューブラーの)と似てるな、なんて思ってしまった。

「あなたは、これまでぎっくり腰など、腰のけがをしたことはありますか?」
「いや、腰は至って健康です」
「それは良かった!実は当日の硬膜外麻酔という麻酔は腰から打つので、腰のけがをしたことのある人は入りにくいのです」

「手術は1時に始めるので、当日11:30頃来院して下さい。」
「えっ!朝一番じゃないの?」
ボクは日帰りで帰宅できるということだったから、てっきり朝一番で行うものだと思っていた。総合病院で前後半日入れて2泊3日と言われたことと合わせ感想を伝えた所

「いやいや、手術自体は1時間もかからないから昼休みの時間にやっちゃうんです。だから硬膜外麻酔という麻酔を打つのです。この麻酔を打つのにはスキルが必要なので、日帰り手術を行っている所が少ないんですよ。それでさっき腰のことを聞いたんです。一泊が必要なのは麻酔が切れないからです。その代わり、痛みは残りますけど。」

手術の確認書にサインし、手術日までの過ごし方が大まかに説明される。

朝食は食べて大丈夫です。
というので、幾つかのサイトを見たところ食事は前夜までで手術日は朝食、および水分は不可という情報があり
「朝食も食べていいのか?」と念を押して聞いてしまった。

「絶食状態になるから、むしろ当日の朝もしっかり食べてきてほしい位です。水分も2時間前まで大丈夫です。麻酔から覚めて歩けることが確認できれば退院となります。大体4時から5時ごろになると思います。お住まいはどちらですか?」
住まい、最寄りからの距離などを答えると
「近くて良かったです。お仕事が出来るのは、暫く痛みもありますから…。どのようなお仕事ですか?」
「ほとんど座っているだけです。」
「おお、それはグッド。デスクワークなら大丈夫です。」


「あと、日帰り手術になるので、一つお願いがありまして…。(下腹部のイラストを手早く書きながら)この辺りを切ることになりますので、前日に剃毛をしてきてください。」
「えっ本当ですか?」
「はい、この辺り、上だけでいいので左右全体をお願いします。」と言われ、診察室を後にした。

受付で会計を済ませると、手術日当日は3割保険負担で4万円程度かかるので、用意してきてください。現金払いだけになっていますので…。
と受付のお姉さまに念を押されその日は帰宅をした。

手術が決まったので、もやもやがなくなった。というのも、この先多少「ピリッ」ときても手術があるから大丈夫だと思えるようになったからである。

f:id:aigiss:20220315190549j:plain

そして、手術当日を迎えるにあたり、面倒であったが入浴時に剃毛だ。
まあ、日帰りで、短時間の手術をしてもらえるのだから面倒だなんて言っている場合ではない。
変な話、スース―して寒くなった。
傷口のこととかあるから夏場より冬のうちの方が良いだろうと涼くなるまで、待っていたこともあるのだけど、これは予定外だった。

しかし、うまいことに春の陽気になってくれたのも想定外ではあった。