aigiss’s blog

鎌ケ谷市周辺の不動産紹介を中心とした日常を綴ります。

SPDシューズを幾つか新調しました①(シマノ旧モデル)(自転車用の「くつ」③)

 この所、立て続けにSPDシューズをヤフオクで落札してしまった。

15年前に購入し、へビーな使用をしてきた「SH-MT20D」が、もうボロボロ(を通り過ぎて)、前回はシマノ以外のシューズ(「サーファスのサイクルシューズを買ってみました(自転車用の「くつ」②)」20190922参照)を買ってみたんだけど、「SH-MT20D」のデザインも気に入ってるので、オークションに目的の品が出品された際に教えてくれる“アラート”に「SH-MT」というキーワードを登録している。

何度か、お知らせが来たけど大体がサイズ違いか、予算オーバーなのである。
そのまま新品の現行モデルが買えるくらいの価格設定の時もある。

靴というのも、価格だけではなく、何と言っても自分に合うサイズがなければならないので、買いたいときにあるかどうかわからないのである。

サイズ、使用感が少ないか、そして送料も考慮した価格で篩にかける。
すると、中々条件に合うものが無いのである。
値段に糸目をつけなければ買えるけど、それではオークションの意味が無くなってくる。
この点では、前回のスプロケット購入までの経緯と似ているのである。

そして今回、サドルが痛んできたから、「そろそろ買わないとなぁ~」なんて考えながらサドルを物色していたんだけど、検索の履歴で「お探しの商品からのおすすめ」に幾つかシューズが表示されたので、くつを物色し始めてしまった。


(1)「SH-MT22」
10年以上前のモデルだけど丁度ボクのサイズの「未使用に近い」物が出品されたので、送料も勘案し4000円以内で落札した。(クリート類は別で1000円かかった)

シマノの41だから、これまで使っていたのと同じで、サイズ的にはピッタリ。
早速気分良く使い始めて、しばらくしてから気が付いた。

ハンガー(BB)周りに接触し、特に右の内側がチェーン関係で真っ黒になってしまったのである。

ツルツルの素材ならまだマジックリンかなんかで一発で綺麗になるんだろうけど、スウェード調なものだから、慌てて、食器洗剤とブラシを使い、綺麗にし十分に乾燥させた後、汚れ防止になるかと防水スプレーをかけてやった。(写真赤丸部分参照。洗う前はもっと真っ黒であった。)

「淡い色合いのサイクルシューズは買ってはいけない」と深く肝に銘じたのである。

(2)「SH-SD66」(写真右)
 サンダルが出品されるのはレアである。そして、1円スタートなのである。
こちらも上記mt22とほぼ同時期に発売され、長い間継続していたモデルである。
(サンダルなんて買う奴いないから、モデルチェンジ期間は長くなるんだろう)

「やや傷や汚れあり」 という事であったがウォッチリストに入れて置いたら、残り1日でも2000円の表示である。
 初めての取引相手なので、“評価”を参考にすると「悪い」評価が幾つか付いていたので、ちょっと身構えたのだが、ヤフオクでTポイントが使用できる期限の関係もあり、送料も込みで4000円以内になる様に入札したところ、落札されてしまった。

届いたものを確認すると、かなりの美品であったし、クリート(SH-51)も付属していたのだ。
これはうれしい。
これがSH-56だったら買い直しになるので、がっかりなことになっていた。

対応も丁寧で、同封されていた書類を頼りにwebで調べると、大阪の会社で自転車買い取り・販売をしている業者さんであった。

ボクは「自転車用の「くつ」①」で紹介したように、1つ前のSD-65を使ってきているんだけど、経年劣化でストラップ部分がひび割れて剥がれてきてしまっていたので、この機に新調することに成功したのである。

(落札したのはもう1つあり、長くなるので、続きにします。)